Gonta House

ゲームとマンガと模型と戯れる日々の貧乏生活雑記ブログ

酸辣湯麺風 サッポロ一番 しょうゆ味

すっかり忘れていて、気が付いたら発売されていた「デビルブレイド リブート」というシューティングゲーム。
https://shigatake.sakura.ne.jp/devilblade/

私、横画面の縦シューって圧迫感があって苦手なんですよねぇ…ってことで、発表されてからは情報をほとんど追っていなかったのもあったんですがね。

もうしばらく様子見をしながら、さっさと「戦刃アレスタ」をコンシューマーに移植してくれよと懇願しつつ、本日は頂き物である南青山「4000 Chinese Restaurant」監修の酸辣湯麺風 サッポロ一番 しょうゆ味の袋麺で朝食にしてみたいと思います。

袋麺でも健在な黒Tシャツに腕組みオッチャン!これぞ意識高い系!

そのため合わせる野菜も意識を高く、ローソンストアのクズ野菜であるキャベツ野菜炒めをチョイスです。

麺は、毎度おなじみな普通仕様。

添付の小袋は、粉末スープと仕上げの小袋の2袋構成。

粉末自体は、いつもの醤油ラーメンって感じなのですが、若干だけども湯気と一緒に酸味も上がって来てる風味が微レ存。

〆に仕上げの小袋を振りかけてから食べてみたのですが、カップ麺版とは打って変わって、シビシビ辛い味がソレっぽさを感じさせてくれます。
これはやはり仕上げの小袋効果なのか、山椒風味が後付けされたおかげで風味が豊かになっているんかなといった印象です。
この味付けであれば、酸辣湯麺風という名にも納得で御座います。

エネルギーが469kcalという高値に加え、食塩相当量が6.2gと6g越えのヤバイ数値を叩き出していることだけは納得いきませんが…。

「鬼滅の刃」コラボ ベビースター

初代INFOBARをApple Watchケースとした商品があるようで…。
https://www.au.com/information/topic/mobile/2024-011/

私はPHSユーザーだったので、このコンセプトのWS009KE(nine)版が出たら欲しいんですけどねぇ~。

いまやもうWillcomは消滅してしまいましたし、Y!mobileも動いてくれそうにないので絶望しつつ、本日は頂き物である「鬼滅の刃」コラボのチキン味ベビースターラーメンでオヤツタイムにしてみたいと思います。

外袋の中には個包装のベビースターが6袋…しかし、絵柄は4種類しか無いのは謎。
6袋入りなんだから、6種にして欲しかったところですなぁ~。
まぁ、私は鬼滅が刺さらなかった人間なので、誰が何だかわからないのではありますが…。

肝心の中身は、いつもどおりの普通のベビースター。
ベビースターはこの形状でこの味が一番!いろんな味付けやドデカイとかはありますが、これでいいんだよの典型で御座います。

ちなみに個包装1袋のエネルギーは90kcalとなっており、オヤツとしてジャストなのがポイント高しでした。

恵比寿「賛否両論」監修 サッポロ一番 みそラーメン

今年も何とか無事に、夏の茄子が出たことで一安心♪

私の場合、住宅ローンの繰り上げ返済でアテにしているところもあるので、出てくれないとチト困ることになるんですよねぇ~。

とりあえず全額、返済口座の方へ全てブッ込み、悲しくなったメインバンクの残高を眺めつつ、本日は頂き物である恵比寿「賛否両論」監修の真鯛だし仕上げ サッポロ一番 みそラーメンで朝食にしてみたいと思います。

麺は、塩らーめんの時と同様に細麺仕様。

添付の小袋は、かやくと粉末スープの2袋構成。

かやくのミニ玉子焼きが、ところどころ赤みを帯びているのは気になるところ。

出来上がったので早速一口食べてみましたが、フタには「生姜と3種の合わせみそ」と書かれてはいますが、生姜感は正直あまり感じられず…。
ただしスープの方は、ふくよかで濃厚な味噌味をたっぷりと堪能できた美味しいカップ麺。
限定品によくある、贅沢な味といった風情でありました。

気になる栄養成分の方はと言いますと、エネルギーは316kcalと悪くは無いのですが、食塩相当量が4.8gと微妙に高値なのは逃れられぬカルマなんでしょうな…。

そして、これにてついに!我が家にあったカップタイプのストックを全攻略!
残るはヌードルタイプが1個、袋麺5袋パックが11個、袋麺3袋パックが4袋と…まだまだ先は長そうではあります。
まずは、賞味期限が切れている袋麺を早く片付けたいところ…。

麻布十番「ピアットスズキ」監修 サッポロ一番 塩らーめん

ここ最近、まだ7月なのに毎日35度に近い気温をマークしている日が続いていますが、暑さによって人間だけではなく、世間では窓ガラスも悲鳴をあげている模様。

何が悲鳴をあげているかというと、マンションによく設置されていることの多いワイヤーの入った「網入りガラス」でして、これが熱によって物が当たった割れ方と違う、急に曲がったような割れ方をするらしく、またそのような割れ方を「熱割れ」といい、ワイヤーが暑さによって膨張し、ガラスが耐えられなくなって割れてしまうとのこと。

この熱割れはガラスの中に温度差ができることが原因で、熱割れを防ぐためには、1枚のガラスで温かい部分と冷たい部分の温度差を出来るだけ小さくすることが大事だそう。
例えば、ベランダに物を置かないとかカーテンを半分だけ開けないなど、ガラスに一部分だけ日陰ができてしまう環境を無くすことが大切らしい。

我が家の場合はエアコンの室外機が窓ガラス前に設置されており、一応は手すり壁のおかげで全体が日陰となって陽の当たりは均一にはなっていますが、とはいっても少々不安にはなりつつ、本日は頂き物である麻布十番「ピアットスズキ」監修のペペロンチーノ風 サッポロ一番 塩らーめんで朝食にしてみたいと思います。

麺の方は細麺仕様で、スープが絡みそうで楽しみ。

添付の小袋は、かやくを始め粉末スープと調味油の3袋構成。

かやくの中にチラホラと見えるニンニク粒がヤバそう!

フタに「芳醇なオリーブオイルの香り」と書かれているとおり、口に含むとオリーブオイルの香りが鼻腔を擽るのが良き♪
そしてその後には、ペペロンチーノ風の名に恥じないニンニクの旨みがガツンと効いている味が襲ってきました。
これは臭覚と味覚の両方を楽しませてくれる、満足感の高いカップ麺ですな!

エネルギー的には320kcalと悪くない数値な反面、食塩相当量は4.8gと高めではあれど、全体的に見れば目を瞑れる味かなと…。

南青山「4000 Chinese Restaurant」監修 サッポロ一番 しょうゆ味

最近の東京デゼニランドってシステムが複雑化し、さらに客層の悪さからか「二郎系化してる」と言われている模様。

便利にするためにいろいろな手法を導入すると、慣れている人からすれば良いことなのですが、それにより選択肢が増えて何をすれば良いのかわからなくなり、初心者お断りになって衰退してしまうんですよね…かつてのシューティングゲームのブーム終焉のように…。

私の場合、1デーパスポートが4千円台の頃しか知らないですし、ディズニーシーは友人の浦安市民招待チケットに便乗した1回でお腹いっぱいになったので、今時のデゼニランドがどんな惨状になっているか知る由も無し…。
デゼニランド自体は「ボン・ヴォヤージュ」で充分、そこで買い物をした後はイクスピアリでメシを食って帰るのがルーティンなのです。

さらに今ではガイドブックが電子化されたことにより、紙のガイドブックが希少品になっているらしく、現物主義派にとっては切ない時代になったなぁ…と物悲しい気分になりつつ、本日は頂き物である南青山「4000 Chinese Restaurant」監修の酸辣湯麺風 サッポロ一番 しょうゆ味で朝食にしてみたいと思います。

麺の太さは普通に見えますが、若干だけど平たくも見える?

添付の小袋は、かやくと粉末スープの2袋構成。

かやくには、しいたけの千切りが入っていて、ちょっと歯触りが楽しみ。

フタには「爽やかな酸味と辛み」と書かれてはいましたが、実際の味の方は酸味をまったく感じなく、程よいピリ辛なしょうゆラーメンって感じでした。
酸辣湯麺ってこんなだったっけ?とは思うも、これはこれで控えめな味付けが悪くなかったので、私にとっては満足のいく美味しさであります。

栄養成分的にはエネルギーが312kcalと軽めなのは良いのですが、やはりカップ麺の宿命である食塩相当量だけは4.8gと高値になってしまうのは致し方なしかなと…。