Gonta House

ゲームとマンガと模型と戯れる日々の貧乏生活雑記ブログ

第4世代 3機揃い踏み

ウイニングヴァルキリーに引き続き、どんどん開封
 
イメージ 1

続きましては、ゼットアキレス.11.Xtで御座います。
 
イメージ 2

こいつは赤い機体なのに、スプリガンではないところに驚き…。
路線変更なんですかねぇ~?
 
イメージ 3

でもってこのベイの特徴は、ドライバーが2段階の高さ調節が可能なところ。
とはいえ、そんなに高さも変わらないので、効果は誤差範囲って感じですなぁ…。
 
イメージ 4

ひととおり眺めたところで、シールでデコデコ♪
 
イメージ 5

ウイニングヴァルキリーと違い、落ち着いた佇まいが素敵なゼットアキレス!
剣と盾の意匠による見た目は、かなり気に入ったかもです。
 
イメージ 6

最後は、エンペラーフォルネウス.0.Yrを開封
 
イメージ 7

こちらも特にこれといったギミックのないベイ。
 
イメージ 8

ドライバーは先端がプラボール、そして大型のリングパーツにより、かなり安定した動きが期待できる構成になっています。
 
イメージ 9

シールの方は、ちょっと地味め…。
 
イメージ 10

とはいえ、メタルパーツがトゲトゲしい形状になっているため、非常に中二心を擽らせるデザインって感じです。
ちなみにスタミナタイプなので、ロックが緩めなのが残念なところ…。
 
イメージ 11

そんなわけで、これにて超Zシリーズの3機が揃い踏み。
並べてみると、なんだかんだでカッコいいですな!
これから発売される新しいベイが、とても楽しみでもあります。